インプラントの治療法と流れ Implant Implant

治療の流れ

カウンセリング 写真

カウンセリング

カウンセリング 写真お口の悩み、治療目標、治療に関する不安や不明点などあればお聞かせください。

検査 写真

検査

検査 写真患者様のお口の状態を検査します。その後、視診や触診に加え、CT・レントゲンの撮影などを行い、最適な治療方法を診断します。また、外科手術になりますので、血液検査を行います。

ご説明 写真

ご説明

ご説明 写真診断とそれを基に立案した治療計画をお話します。治療をお受けになるかどうかをご検討、ご判断ください。

一次手術 写真

一次手術

一次手術 写真むし歯や歯周病がないか確認をし、インプラントを埋入します。ご希望の方は静脈内鎮静法を行うことも出来ます。

抜糸 写真

抜糸

抜糸 写真手術の跡の経過観察と抜糸を行います。

治癒期間 写真

治癒期間

治癒期間 写真インプラントと骨が結合するのを待ちます。2~3ヶ月の期間を要します。定期的に通院いただきます。

二次手術 写真

二次手術

二次手術 写真歯ぐきを再び開き、人工歯を取り付けるためのアバットメント(土台)をインプラントに装着します。再び傷が治るのを待ちます。

人工歯装着 写真

人工歯装着

人工歯装着 写真歯ぐきの傷口が治癒したら歯の型を採り、人工歯を作製します。完成したらアバットメントに装着します。

メインテナンス 写真

メインテナンス

メインテナンス 写真定期的にメインテナンスにお越しいただきます。インプラントをいつまでも大事にお使いいただくために、検診は不可欠です。

術法の紹介

骨量が充分にある場合

インプラント イメージ写真インプラント イメージ写真インプラントの手術方法には1回法と2回法があります。1回法ではインプラントとアバットメント(歯の土台部分)を1回の手術で装着します。短期間で手術が終わるメリットがありますが、骨が硬い場合にしか行うことができません。

多くの場合、インプラント手術には2回法が用いられています。インプラントを埋め込む手術を行った後、骨との結合を待ってから上部構造を装着します。インプラントがしっかりと定着するため、骨が少ない場合にも適応が可能です。

骨の造成が必要な場合

GBR

GBR イラストインプラントを埋め込む部分の骨が痩せてしまっている場合に、骨を補てんする治療法です。インプラントを埋入した後、骨補填剤を入れます。そこに「メンブレン」という人工膜を覆い、骨の再生を待ちます。数か月の期間を空けてから、人工歯を被せます。

GBR イラスト

ソケットリフト法

ソケットリフト法 イラスト上顎の骨の厚みはあるが、高さが足りないときに行う手術方法です。上顎にある空洞、上顎洞に傷を付けないように、歯槽骨を押し上げ、そこに骨の充填を行います。インプラントを埋入し、数か月後に人工歯を装着します。体への負担がサイナスリフトよりも少ないため、腫れも痛みもほとんどありません。

ソケットリフト法 イラスト

サイナスリフト

サイナスリフト イラスト上顎の骨の厚さ、高さともに足りないときに行う手術方法です。上顎洞にある粘膜を破らないよう、粘膜と歯槽骨の間に骨を移植します。これによって上顎の骨にインプラントを入れるスペースを設けます。数か月後に骨が固まってからインプラントを埋入し、人工歯を装着します。

サイナスリフト イラスト

ブローネマルク・インプラントを使用している理由

ブローネマルク・インプラント イメージ画像ブローネマルク・インプラント イメージ画像今日、インプラントメーカーは数多く存在します。歯科医療先進国だけでなく、様々な国で生産されています。歯周病インプラントセンター河津では、ブローネマルクシステムに基づいて製品化された、ノーベルバイオケア社のインプラントを採用しています。

ブローネマルクシステムとは、インプラントと骨の結合を発見したスウェーデンのブローネマルク博士の研究に基づくインプラントシステムです。インプラントの先駆的メーカーである同社製品は世界的に信頼性が高く、高価です。私たちは全てのインプラントの大元とも言えるため、採用しています。